塩嶺御野立公園

塩嶺峠のちょうどてっぺんにあたるところに、塩嶺御野立公園(えんれいおのだちこうえん)はあります。

名勝地として、貝原益軒「岐蘇路記」、吉川英治の「宮本武蔵」などで紹介された岡谷市の西の玄関口、塩尻峠。この周囲に広がる美しい自然公園が塩嶺御野立公園です。

ここは、小鳥の森として非常に有名で、日本の音風景100選にも選ばれたほどの名所です。

園内には、塩嶺閣(休憩所)、展望台などがあります。特に展望台からは、諏訪湖、八ヶ岳、富士山、北アルプスなどを望む絶景が広がります。

 

毎年5月から6月の毎週日曜日、小鳥バスが運行され、県内はもちろん東京や遠くは北海道まで日本全国からこの自然を満喫しにやってきます。

住所
岡谷市10016-149
アクセス情報
【車】
中央自動車道–岡谷IC–約15分
中央自動車道–諏訪IC–約45分
【電車】
JR中央本線-岡谷駅下車-タクシーで約10 分