【うなぎのまち岡谷】”寒の土用丑の日発祥の地”

2018年の寒の土用丑の日は1月21日です。

「土用丑の日」というと”夏”と思いますよね。実は土用とは、各季節ごとにあります。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前約18日間のことをいうもので、土用の入りから初めての丑を「土用丑の日」としてます。

この期間に2回丑の日が来ると、初めを一の丑、2回目と二の丑と呼びます。

まさに、2018年は、1月21日が一の丑、2月2日が二の丑となります。

うなぎの旬は「夏」と思われがちですが、産卵や冬眠に備えて鰻に脂が乗る秋から冬が、最もおいしいいとされています。

ただ「夏」はスタミナをつけ、暑い夏を乗り切るため「うなぎ」を食べる日本の風習も大切です。

岡谷のうなぎは、裂きは『背開き』の関東風、焼きは蒸さない「直火」の関西風、タレは『濃くて甘め』が特徴です。

一度は食べてください。一度食べると・・・また食べたくなるのが・・・『岡谷のうなぎ』です。

この冬は、うなぎでスタミナをつけ、寒い冬を乗り切りましょう!!!

お待ちしております。

うなぎのまち岡谷の会 会員店舗 掲載HP ⇒ http://www.okayacci.or.jp/unagi/

SKM_45817111510260 (002)

うなぎのまち岡谷の会 パンフレット掲載 ⇒ http://www.kanko-okaya.jp/eat/unagi/

000 ⇒ うなぎのまち岡谷の会マスコットキャラクター『すわ湖太郎・う~なちゃん』